無料相談のメリット

過払い請求に関して弁護士に無料相談するメリットはたくさんあります。例えば相談をして過払い請求が発生していないと分かったときには、当然弁護士に依頼することはありません。相談料を取る弁護士の場合には、これだけで料金の支払いが発生してしまいます。しかし、無料相談であれば料金の支払いが発生しないので、損をしてしまうことがないのです。

もし過払い金請求ができた場合には、成功報酬を支払わなければいけなくなるのですが、マイナスになるケースは滅多にないので安心しましょう。特に長年お金を借りている場合や、頻繁にお金を借りている場合には、過払い金が発生している可能性が高いので、やはり相談をしておくことで安心できるのです。また、過払い金には消滅時効が存在しています。

一般の人はどれぐらいで過払い金の消滅時効があるのか知らない場合が多いでしょう。通常は10年で消滅時効となってしまうので、できる限り早く弁護士へ相談することが求められます。さらにどのように手続きをして、どのように戻ってくるのかという一連の流れも弁護士の多くはきちんと説明してくれるでしょう。このようにいろいろなメリットがあるのですが、弁護士選びはきちんと行うべきです。

過払い金の発生理由

なぜ過払い金が発生してしまうのか疑問に思ったことがある人も多いでしょう。そもそも多く利息を取って違法にならないのかと感じる人もいるでしょうが、この点に関してはグレーゾーンだと言えます。まずはなぜ過払い金が発生するのかという理由を解説させていただきます。利息に関係している法律というのは、出資法と利息制限法が存在しています。

この2つの法律には上限金利が設けられていて、これ以上は取ってはいけないという決まりがあるのです。しかし、出資法の上限金利と、利息制限法の上限金利というのは異なっているので、利息制限法の上限金利は超えていても、出資法の上限金利は超えていないので、違法にならずに徴収できると言えるでしょう。この場合、弁護士は利息制限法を重要視します。

そうすると出資法で利息を定めている業者の場合には、余分に利息を徴収しているので、返済が可能になるというわけです。ちなみに利息制限法の場合には、上限金利が借りた金額によって異なり、15パーセントから20パーセントになっています。それに対して出資法の上限金利は一律29.2パーセントになっているので、このような過払い金が発生してしまうのです。このグレーゾーン金利を弁護士に相談することで、返済可能になります。

過払い金を取り戻す

過払い金という言葉は聞いたことがある人も多いでしょうが、簡単に言えば支払いすぎた利息分を指します。このように支払いすぎた利息分を取り戻すことができるのを知らない人もたくさんいるのです。もちろん支払いすぎているから返してほしいと個人で業者に申し出ても、返してもらうことはできません。では、どのようにして返してもらうのかというと、弁護士に相談をするのです。

弁護士は、過払い金請求の相談も受け付けているので、利息を支払い過ぎているという人は相談をしてみるべきでしょう。人によっては多く利息を支払っているのかわからない場合もあると思いますが、業者からお金を借りている期間が5年以上ある場合や、金利が18パーセントを超えている場合には、多く利息を支払いすぎている可能性があります。

このような場合には、まず弁護士に相談をしてみましょう。しかし、弁護士に相談をするとお金を取られてしまうからと躊躇してしまう人もいるのですが、中には無料で相談に応じてくれる弁護士もいます。そのため、無料の弁護士を探して相談をしてみるのがよいでしょう。無料で相談を行っているということは、成功報酬のみ徴収しているケースも多いため、それだけ解決できる自信があるということです。

弁護士の無料相談

弁護士というのは、成功報酬と着手金、相談料3つの料金を徴収しています。しかし、弁護士の数がかなり増えてきたこともあり、中には相談料を取らないケースもあるのです。簡単に言えば無料相談が可能なのですが、無料相談にもいくつか種類が存在しているのです。例えば予約をすれば時間無制限で無料の場合や、初回に限って30分や1時間のみ無料というケースがあります。

時間無制限で無料にしている弁護士は少ないのですが、初回限定で30分や1時間のみ無料となっている弁護士は比較的多くなっていると言えるでしょう。中には相談案件によって無料相談が可能になっているケースもあるのです。そのため、無料相談とは言ってもいろいろな種類があることを知っておきましょう。弁護士に相談する案件にはいろいろとあります。交通事故や遺産相続、近隣住人とのトラブルや企業、公共機関のやり方があくどいので訴えを起こすなどさまざまです。

中には過払い金請求をするために相談するケースもあるでしょう。過払い金請求とは、お金を借りたときに生ずる利息を多く払いすぎているので、払い過ぎた分を返還してもらうための方法です。よく税金ではこのように支払い過ぎている分が返済されることがあるのですが、この場合には自動的に支払われるので問題ありません。しかし、お金を借りた分はこちらから申請しないと返ってこないのです。当サイトでは過払い金請求に関する弁護士への無料相談について紹介しているので、参考にしてみてください。