過払い金の発生理由

なぜ過払い金が発生してしまうのか疑問に思ったことがある人も多いでしょう。そもそも多く利息を取って違法にならないのかと感じる人もいるでしょうが、この点に関してはグレーゾーンだと言えます。まずはなぜ過払い金が発生するのかという理由を解説させていただきます。利息に関係している法律というのは、出資法と利息制限法が存在しています。

この2つの法律には上限金利が設けられていて、これ以上は取ってはいけないという決まりがあるのです。しかし、出資法の上限金利と、利息制限法の上限金利というのは異なっているので、利息制限法の上限金利は超えていても、出資法の上限金利は超えていないので、違法にならずに徴収できると言えるでしょう。この場合、弁護士は利息制限法を重要視します。

そうすると出資法で利息を定めている業者の場合には、余分に利息を徴収しているので、返済が可能になるというわけです。ちなみに利息制限法の場合には、上限金利が借りた金額によって異なり、15パーセントから20パーセントになっています。それに対して出資法の上限金利は一律29.2パーセントになっているので、このような過払い金が発生してしまうのです。このグレーゾーン金利を弁護士に相談することで、返済可能になります。